患者数

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称し、白癬菌が陰嚢、股部、臀部などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生する病気の事であり簡単に言うと水虫のことです。
緊張型頭痛というものはPC使用などによる肩こり、首のこりから起こる患者数が多い頭痛で、「締め付けられる頭痛」「頭が重苦しいような痛さ」と言い表されることが多いようです。
20才代、30才代で更年期になるとしたら、医学的な言葉で表すと「早期閉経」という疾患に当てはまります(この国の場合は40歳未満の女の人が閉経する状態を「早期閉経(premature menopause)」と言います)。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を持たない普通の人でも使用可能な医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに沿って対応することで、心室細動に対する応急処置の効果をいかんなく発揮します。
1回歯の周囲を覆っている骨を減らすまでに放置してしまった歯周病は、おそらく病状が安定したとしても、なくなったエナメル質が元の量に構築されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「取り去らなければいけない」と敬遠しがちですが、実の所、我々人間は多少のストレスを経験しているからこそ、生き延びることが可能になります。
エネルギーの源として速攻で機能する糖、細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、過度の痩身ではこの2種類に代表される体調をキープするために外すことのできない成分までも減少させている。
うす暗い場所だと光量不足のため物が見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに多くの力が使用され、結果的に明るい場所でものを見るよりも疲れるのが早くなるのです。
一般的には骨折は起こさない位のごく小さな力でも、骨の一定の所に繰り返して途切れることなく力が加わると、骨が折れることがあるので注意しなければいけません。
ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを抑制する、あまり食べない、こういった暮らし方が結果的に栄養をも不足させ、慢性的な四肢の冷えを招くことは、色んなところで危惧されていることです。
PCの青っぽい光を低減させるレンズの付いたPC専用メガネがすごく人気を集める理由は、疲れ目の予防に多くの人々が挑んでいるからでしょう。
HIVを保有した精液や血液のほか、腟分泌液や母乳といった様々な体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口に接触すれば、HIVに感染する危険性が高くなるのです。
鍼灸用の針を気になる所に刺してもらう、というフィジカルな程よい無数の刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号伝達を引き起こすという考え方が浸透しています。
トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる働きが最も認識されていると思いますが、他に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするというようなことが確認されています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、全身の脂肪の付いている重さで、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という数式で把握できます。