感染症

高血圧(hypertension)の状態になると、身体中の血管に大きなダメージがかかった結果、頭頂からつま先まで色々な血管にトラブルが生じて、合併症を併発する公算が高まるのです。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がしびれるような感覚があったり脚の浮腫みなどが典型で、病状が進行すると、最悪のケースでは心不全などを誘発することがあるのです。
ストレスがかかり、溜まるというシステムや、手軽で効果的なストレス対策など、ストレスに関わる全体的な知識を保有している人は、さほど多くはありません。
我が国における結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」にならう形で進められてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは他の数多ある感染症と一括りにして「感染症予防法」という名前の法律に沿って実行されることが決定しました。
不整脈の中でも期外収縮は、健康な場合でも出ることがあるため重大な心臓の病気とはいえませんが、同じような発作が繰り返して出る場合は危険です。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人以外の人にも品質の高いマイクロホンなどをあてると感じることのできるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」があります。
常識的には骨折は起こさない程度の僅かな力でも、骨の一定の部分だけに何度も繰り返し持続的に力が加わると、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けましょう。
ただの捻挫だと勝手に決め込んで、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置をしたら一刻も早く整形外科の医師に診察してもらうことが、早く完治させる近道になるのです。
過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、加齢というような様々な因子が混ざり合うと、インスリンの分泌量が減少したり、機能が衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。
世界保健機関は、人体に有害なUV-Aの浴び過ぎが皮ふの病気を起こす可能性が高いとして、19歳未満の人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を広く世界中に喚起しています。
人の耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別できますが、中耳の近くにばい菌やウィルスなどが感染することで炎症がみられたり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。
心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭まってしまい、血液の流れが止まり、酸素や様々な栄養が心筋に送られず、筋繊維自体が死ぬ大変怖い病気です。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常により発病する湿疹で、分泌が乱れる素因として生殖ホルモンの均衡の乱れやV.B.コンプレックスの慢性的な欠乏などが注目されているのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を左右するβ細胞が損傷を受けてしまうことから、結果として膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなることによって発症してしまうという種類の糖尿病なのです。
マスクが欠かせない花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ヨモギなどの大量に放出される花粉が素因となって、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を齎す病気なのです。