飲み込む

自分で外から眺めただけでは骨折しているのかどうか分からない場合は、ケガをしてしまった部分にある骨を少しだけ押してみてください。その箇所に激しい痛みがあれば骨折の可能性があります。
食事という行動は、食べたい物をなんとなく口に運んで20回前後噛んで飲み込むだけに思われがちだが、そのあと身体はまことに健気に動き異物を人体に取り入れる努力をしているのだ。
ポリフェノール最大の特長は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違っていて、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果があります。
クシャミや鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを起こす花粉の放出量に追従するように悪化の一途を辿ってしまうという性質があるそうです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるため大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、肌にとって悪い影響を与えるのです。
急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・吐き気・腹下しを伴う程度で治まりますが、細菌感染から来ている場合は強烈な腹痛・繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに高熱も出るのが違いだといえます。
世界保健機関は、身体に害を与えるUV-Aの著しい浴び過ぎが皮膚疾患を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を各国に提起している最中です。
ストレスが蓄積していく論理や、便利で効果的な抗ストレス法など、ストレス関係の詳しい知識を勉強している人は、今のところ少ないようです。
男性にしかない前立腺は生育や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密に関連しており、前立腺に出現したがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)に影響されて大きく成長します。
お酒に含まれるアルコールやお薬、色々な食品添加物などの物質を酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒と称しており、多機能な肝臓の担う最も重要な仕事のひとつだと言えるでしょう。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内における脂肪の占有する比率を指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キロ)×100」という数式で算出することができます。
環状紅斑というのは環状、つまりは円い形をした赤い色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふ症状の総合的な病名ですが、誘因は余りにも多種多様ということで知られています。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査によれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上はデカフェのコーヒーを代用すれば、あの直腸がんの発症リスクを半分以上は減らせたそうだ。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症のことで、免疫不全を招き些細な病原体による日和見感染やガンなどを併発してしまう症候群のことを称します。
ともすると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「除去すべき」ものと考えがちですが、其の実、人は大小のストレスを受けているからこそ、生きていくことが可能になっているのです。